• カートに商品がありません

Home

この世界には恐らく、「終点」というものは存在しない。

すべての出現と消亡、一見関係の無いあらゆる物事が、運命に翻弄され、一つ、また一つ絶えない輪廻の円環となった。

私達は、この円環の中に彷徨う卑しい生き物。

懸命に藻掻、拒む。

それでも各々の「終点」に向う。

けれど、それもまた、次の輪廻の始まりに繋がる道なのだ。

運命は、再び廻り始める。